みためが可愛くふんわりとしたメレンゲのお菓子!マシュマロ

お子様から大人までマシュマロを(marshmallow)知らない方はいないと思います。みためが丸くて可愛く食べれもおいしいマシュマロ。今回はそんなマシュマロについて調べてみたいと思います。

marshmallow

マシュマロの呼び名

マシュマロ、マシマロ、マショマロとも呼ばれていて英語表記では「marshmallow」と書きます。本記事では、マシュマロと呼んでいますが、ふんわりとしたメレンゲにシロップを加え、ゼリーで固めて粉をまぶした菓子で、ソフトキャンディーの一種になります。

名前の由来は、原料となったアオイ科のウスベニタチアオイの英語名、marsh mallow からきていて、古代エジプトの王族が、植物の根をすりつぶしてのど薬として使っていたのが由来と言われています。

マシュマロの歴史

19世紀フランスの菓子職人が、ウスベニタチアオイのエキスに砂糖を加えて菓子として完成させました。これ以後、ゼラチンと泡立てた卵白の粘りで代用する現在のかたちに変化したと言われています。

日本では、1892年(明治25年)「真珠麿」という名前で、販売が始まりました。

マシュマロの作り方

マシュマロは、砂糖、卵白、ゼラチン、水を原料として作ることができます。
①ゼラチンを戻しておく。

②鍋に砂糖・水あめ・水を入れて火にかけ、煮詰めて熱いシロップを作る。

③泡立てた卵白メレンゲに、熱いシロップを糸を引くように落としながら混ぜ入れ(いわゆるイタリアンメレンゲ)、さらに、戻しておいたゼラチンを素早く混ぜ、十分に泡立てる。

④型にコーンスターチと粉砂糖を振っておき、生地を入れ固める。成型後、くっつかないよう、デンプン(コーンスターチなど)が表面にまぶす。

好みによって、チョコレート、イチゴ香料、バナナ香料や着色料を加えた色つきのマシュマロや。また、中心部にジャムなどを詰めて作るのも面白い。

マシュマロの食べ方

マシュマロはそのまま食べてもおいしいお菓子ですが、串にさして、マシュマロを直火で焼きとろけさせ、そのまま熱いうちに食べるともっとおいしく食べることができます。また、焼いたマシュマロを溶かしたチョコレートにくぐらしてマシュマロフォンデュのように食べたり、ビスケットにサンドしたりと食べ方いろいろで楽しくなりますね。

マシュマロを彼女にプレゼント

2月14日のバレンタインデーに彼女からチョコレートをまらった幸運の男性の方。良かったですね。甘いチョコレートを美味しく食べたことでしょう。でも、一か月後の、3月14日はホワイトデーです。何をお返しにしたらいいか迷われている方も多いのではないですか。この、3月14日は、マシュマロデーでもあります。福岡市の菓子店が「バレンタインデーのお返しにマシュマロを」というキャンペーンに因んだものらしいですが、いまでも、ホワイトデー近くなると「ホワイトデーはマシュマロデー」というキャンペーンを行っているそうです。

 

今回はマシュマロについて調べてみました。お菓子作りが好きな女子はチャレンジしてみてください。

参考資料
マシュマロ情報サイト EIWA Marshmallow
Wikipedia

コメント